繰り返し尿感女に注目美脚を苦しめる

Pディレクトリ:

の第1章:繰り返し尿感女苦しめ

い二章:女性尿路は、男性のまめに陰門を減らして細菌繁殖

を減らします.

第三章:夏季養腎臓尿道感染防止

は生理的に接することで、女性尿路感染の機会は男性よりもはるかに高くなります.おしっこの感染はどのように予防するべきですか?うっかり尿に感染したらどうすればいいでしょうか.

繰り返し尿感女苦しめ

いp67歳の薛おばさんは糖尿病にかかって、血糖がずっとよく制御できなくて.半年に来て、彼女はまた繰り返し発作の尿路に感染して蜘蛛手して、1日中嘆息している.彼女はわからない、どうしてそんなに多い薬を食べて、この小さい小便の感染はやっとなんにならなくて、

72歳の姜ばあちゃん一ヶ月前に突然現れ頻尿、切迫感などの不快な症状を病院へ行って診察を受け、尿路感染症と診断され.何日の抗菌薬を食べた後、彼女は感じ頻尿、切迫感、症状は明らかに改善すると、自らが止まった薬.数日後、彼女はまた気分悪くなって、再び薬を飲むようにしました.数日後、後、症状が改善して改善、彼女はまた薬を停止しました.一週間前に、ショウガのおばあさんは病院に行って下さい、尿常規の検査ヒント感染未制御.知らない医者姜おばあさんに薬品使用を堅持して後、しきりに首を振り、再三警告:抗菌薬の彼女は絶対に食べて、さもなくば停止を招きやすい細菌耐薬、治療も増え.

「P☆お医者さんの話:

は1種の泌尿システムの感染性疾患、各年齢層は発症,美脚、特に老年女性が最も多い(発病率は10 %前後)に達している.高齢の女性が繰り返し発生しやすい尿路感染症は、というより生理結構(女性尿道は男性よりも太く短く、体外の細菌感染しやすい上り)、エストロゲンがレベルの低下、機体の免疫力の低下などの要素についてのほか,薬物の治療と規範に合わない,基礎の病気を取り除くなどの要因だけで直接連絡.臨床の上で、おばあさんのような姜ない医者の指示に従って薬を飲んで、いったん感じ症状が消えてなく続けようなそんな薬や、薛おばさんで血糖コントロール不振による尿感再発の例も少なくない.

☆繰り返し尿感の二大害

は泌尿システムの器質による損害をもたらします.になって、急性全身性疾患、急性感染症には有効制御、敗血症、腎臓乳頭壊死、腎臓機能不全.尿路感染の治療で、高齢者の薬の時間は長く長く、薬物性腎臓ダメージが容易になりやすい.感染が繰り返し発作が起こると、病変は徐々に進展し、末期には腎臓機能不全につながる可能性があります.また、慢性炎症の繰り返し刺激で、泌尿システム腫瘍の発生率も大幅に増加します.

は心理疾患

は誘発心理疾病

には誘発しやすいです

尿感再発なら、遷>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です