ピータン赤身の美脚雑炊の作り方はピータン赤身の雑炊の秘訣をしっかり作って

ピータン、ピータン赤身の人はKFCのこの朝食を思い出します!実は私たち自分が家にいるのも、この美食の!下小編でみんなにこのピータン赤身のかゆを教えます!

お粥を作る材料:赤身いちブロック(豚すね肉が良い)、ピータンに(無鉛ピータンはいくらか、健康、二つには石灰の味はそれほど大きな)、姜いち元、水適量を煮て油盐たっぷり、鍋の綿香良い味のピータンしょっぱい肉のお粥,美脚、コツは以下の通り.

1、(p 1、1、メートル、m:(pおかゆを煮た米は東北米、つまり、団団の短いパールメートル、煮のかゆが特に軟らかい.

P2、煮物の米はあらかじめ漬けておく

約半分碗の米クリーンな後にスプーンでの油、いち時間半ティースプーンの塩と少しの水(にスプーン)かき混ぜるのが均等で、漬け少なくとも半時間、安心で、は油が多いが、油はお粥を作る過程で揮発、令メートル綿ぼろぼろになるので、ない脂っこい.

さん、おかゆの肉は先に沸の水で煮になる、あるいは漬け割ベーコン:

おかゆで赤身や漬けの咸赤身、あまりこだわりなくては豚のどの一枚肉、とにかくを維持・肉塊ない(私を一般用約のに1 – 2センチ、ひとつの豚肉の場合は、条件の許可で,ブタ肉の腱良い味).もし赤身粥を煮て、そんなに赤身を少し先に沸の水で煮、そしてきれいに洗います;もし好きの漬物での塩豚粥を煮て、そんな1日早く漬け塩豚、方法は次の通り:豚肉の一枚をきれいに洗い流して、拭いてただを2~3スプーン、塩、均一に塗り肉に入れて冷蔵庫で格(ない氷の鮮度を保つ格)漬けじゅうに時間以上が混ぜ.

P4、煮物の水はたっぷり沸騰して材料を材料:

大屠畜場でたくさんの水を入れて、煮沸して、やっと材料.先に肉塊、姜片、火は小さく切ってないで、したお湯の中に、外の部分は熱で熟硬くて、肉汁を封じられた中の肉のように煮た後、お粥もまずいし、そして再び沸騰時下水漬かるの米と1つのみじん切りのピータンを初めてピータン切りでお粥とメートルと割れて煮て、ピータンに溶け込み、粥の味.

p5、先に大火、後に小さく火、火加減は足:

1個半時間、火加減、火加減、火加減、火加減、手加減、手加減、手加減、消化
安全な媚薬.

雑炊6、おかゆの質感処理:

回転して弱火で煮たいち時間半後、第二のピータンも同時に粥を煮て千切りにし、中の赤身を取り出して、箸で、引き裂くちょい状、第二のピータンと一緒に戻す粥で、同じ煮最後の半時間、そして火.第2のピータン関火前半時間にお粥の中で、半時間は第2のピータン煮て石灰味もない、同時にまた柔らかくなる滑り、粥を食べる時も食べられるのがピータン、肉は水が沸いて昨今の、きっとうま味を維持して、糸を引き裂く後回のかゆの中で,特によく食べる.

>は

>です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です