床の美脚中の細菌を退治して

調査員には、北京と上海で調査し、すでにさん使用年限はそれぞれろくじゅう年、じゅうに年、さん年の木造床サンプルでは、隙間の最小のは0 . 9 mm、最大のろくミリを超え、毎平方センチ床平均隙間ごみ4.56グラムの平均細菌数は病院の最低標準のななしち倍.室内の床の隙間に主要汚染物質がカビ、ダニの一種、生物活性物質とほこりを吸い込んで.床の中の細菌が私たちの体をだろうて、木の床の使用過程で、保養の床に注意しなければならない.ベランダに近い、窓の床を晒し、最高の陽射しが強い時に厚いカーテンを引いて,第二に、湿気を避けて、避けてぬれモップ直接拭いて、水またはその他の液体食べ物を床の上に、適時にふいて、多すぎる水分浸透防止木に板に層によってカビ、腐って、使うべき木質の床板専用洗浄剤を清潔を防ぐために、床が荒れる.クリーンルームは保障環境健康の重要なステップは、床が起きて隙間の場合はこまめに掃除を防ぐため、盗品蓄積.床に清潔,重点的に掃除機を使って吸収割れ部位のほこりや雑貨、もし貯留の汚れない吸い出し、あるいは隅にくい場所などを、小さなブラシを床清潔殺菌剤を洗う、直接殺菌剤は床を清潔で倒れて布で拭い.木の床の伝統の取り付け方式の採用のは竜骨法、床と床の間に存在する架空の層、竜骨中の水分と普段滲みで飲料、牛乳などの液体は揮発性のない、細菌が繁殖しやすいと虫害.そして新型の黏胶取り付け方や金属竜骨の取り付け方、避ける木竜骨インストール方式の弊害は、黏胶法では環境保護の床を直接ベタベタとセメントの床にゴムを地面に、消滅床下可能ホコリ蔵虫の空間.床には、セメントで変形するために,美脚、セメントで変形する竜骨を使い、セメントに変形されないようにしてはならない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です