ガンは5年以内に早期診断を実現する美脚見込みである

膨大な発ガン細胞に、1 %の種がある種細胞生命力は非常に粘り強い、発見、難しい、それは張本人.第3軍医大学が昨日ニュース、南西の病院の研究チームが完瞭部分は種子細胞の識別されると、ご年内、私の市の期待国内ひいては国際に率先して実現するなど,がんの早期診断.民衆の心の中で、ガンを診断され、死刑、ほとんどの癌が診断されているので基本的に中晩期と診断されている.」関係専門家は、現在の放射線治療を通じて、化学療法などの治療法は、95%以上の癌細胞を殺すが、多くの患者は逃げない病気が悪化した結果.これは癌細胞の中、ある種の数が少ないの「種細胞で、それらの潜在性が強く、しかも細胞に血管の生命力が強く、容易に人体の骨格や血液など“隠れされにくい」、を殺すために、犯行.第三軍医大教授短気な修武で脳腫瘍を例にして、されても切除したにもかかわらず、98%の患者が病気は再発して、それは、がんの“元凶”となりされていない.紹介によると、現在の第3軍医大学の研究チームは国際的に率先して人の脳から稀突起—星細胞腫で鑑定した、このタイプの種細胞は,美脚、がんの早期診断,転移とするなど、研究の方向と治療根拠を提供する.5年以内、癌発生、再発と移行の“種”細胞発病機構、臨床治療に新たな策略と方法を提供するとしている.」短気な修武と言って、その時は、私が期待国内市でひいては国際に対する、率先してがんの早期診断及びするなど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です