靑グリ美脚ーン

p実は(株)ヘチマ、野生の.私は住んでいる床の南は北に背を背に、10階.年近く前や、ものの両側はカバー3棟、四階に囲まれ、中間形成の庭はますます小のように、口の井戸.

灰褐.駅に极目遠くないかも、、ベランダの大半通、電話線、高圧線ケーブル、ケーブルテレビ,美脚、ビルとビルの間を結ぶ網は、やっかいな視覚汚染.ころころユニット房、巢.仕事が終わって、人は内に置いて、出勤して、また出てきて出して.見渡す広い欠けないの、天然の鉄筋コンクリートのにおいと鋳造限られた空間の中で、除外する人、甚だしきに至っては見えない生命の痕跡も、日が経つにつれて、ァ無辺の抑圧.頭を井底てベランダを差し出して、自分が井戸の底になっていることを疑っている.緑を渇望して——緑を渇望して!このヘチマヘチマ、自分がビルの角から出てきたと言うより、私たちは心から緑を眺めているというのだから」!

楼角には土がある、ただこぶしのような大きさ、この隙間、竟の命、この天地の中の緑を収容することができます.あの時、私達は本当に建築労働者の一時的な不注意を幸いにして.

家1階のは王叔、定年退職の労働者、愛遛鸟.この本王叔発見ヘチマ時はもちろん限りない喜び.ヘチマは人に傷を与えられて、自分の古い鳥籠の底に破れ穴を破れ、ヘチマの上にボンネット、心を尽くして加護する.最初私3階から見王叔腰をかがめて口で放水のように、彼は鳥と思ってねえだろう.

考えず、ただない日のこと、ヘチマが破籠でかごを出せないのは、王叔悔いる、まだ街からによると回左官針金に乗って、ヘチマ機.この日に乗せて機の庭はとてもにぎやかで、大きな助けの子供、がやがや、鳥は十数人がかりで、みんなと言いながら、鳥かごやヘチマのことながら、忙しいを渡し、ラ針金竹竿……

緑、緑、枝の藤はきゃしゃな蔓蔓に広がり、王叔それに乗った道に沿って、走って行くか、ついにはビルの間の電線を登っても!花、1道の黄は過去,院のすがすがしい香り.葉緑心地良くて、いっしょに、過去滴翠.ヘチマ、雨だれのように行く、それを人がない、太陽に当たって、露の玉は叶间にきらめいて、風が吹くと、きらきらと透明な風鈴.のベランダは閉めない、娘はヘチマ殘に殘て、おとといは2階に着いた.彼女はまだ衣のタイバーを伸ばして出て、ヘチマを這いせた.やっぱり三日間の工夫、ヘチマは我が家の晒縄に登って、ヘチマに登ったのです.妻はいまいましい、服をベランダにかけて乾かす.張さんは4階の釣り人,彼は細い釣り糸を垂らし細密密の結び、釣緑
勃起不全治療薬!彼は得たいと思ってた.

通勤して、ツインスリッパを換えて、急いでベランダへ歩いて、ヘチマを見て、ヘチマをちぎって垂れ下がって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です